突然ですが宇都宮競輪場にきています。目的は今年からはじまった競輪場をロードレーサーが走る「JCLバンクリーグ」を見に行くため。

きっかけはショップ対談企画にも出てくれたスポーツバイクファクトリー北浦和スズキの鈴木卓史さんがやっているYouTubeを見たから。詳しくは以下の動画をご覧になっていただければと思いますが、ざっくり説明すると「ロードバイクで競輪場でレースしよう!」というもの。

 

レース内容については生ライブ配信もやってましたし、すでにYouTubeにもアーカイブがあがっているので割愛しますが、最大の特徴はひとつのレースが短く、わかりやすいこと。そして競輪場という「スタジアム」で行われるので、常にレースの全貌が把握できること。

 

 

実際にレースを見ると、鈴木さんの説明にもある通り、なかなかの迫力。
ビンディングペダルをはめるときの「パチン」という音と、ギアチェンジの「カチッ」という機械音が競輪場に響くのも印象的でした。

自転車のロードレースは格闘技やサッカーや野球といった競技に比べて、競技時間がめちゃくちゃ長く非常に難解なのは皆さんもご存じの通り。
周回で差がついたらその時点でレース終了、というルールを理解していない選手がいるなどまだやり慣れていない感はややあったものの、「誰でもわかる」は非常に大きなアドバンテージになるのでは、と感じた次第。

今年のJCLバンクリーグは、別府競輪場、名古屋競輪場に続いて、今日の宇都宮競輪場で終了。この日もあいにくの無観客試合ではありましたが、このバンクリーグが定番になればより多くの人がロードレース(もしかしたら競輪やトラック競技にも)に興味をもつきっかけになるかもしれません。

 

バンクを疾走する選手たち。夕暮れ時の雰囲気もよいですが…

ライトアップされた夜の競輪場の雰囲気もよき。

出場を待つ宇都宮ブリッツェンの選手たち。

自転車がズラリと並ぶとついカメラを向けてしまいます。

選手たちに指示を出す鈴木監督(鈴木さんはショップを経営しながら、さいたまディレーブの監督もやられています)。

この日優勝したのは、那須ブラーゼン。

勝利者インタビュー。優勝賞金20万円ととちぎ和牛が景品。左右に写っているのはブリッツェンラヴァーズのお二人。

JCLバンクリーグ、もしお近くで開催されることがあったら一度足を運んでみてください(もちろんコロナが落ち着いて有観客になることが先ですが)。競輪場の雰囲気含め、自転車好きなら間違いなく楽しめるはずです。

さて、明日(というか本日)は、写真左に写っている増田成幸選手に会いに行ってきます。

(栗山)

archives


Fatal error: Allowed memory size of 104857600 bytes exhausted (tried to allocate 20480 bytes) in /home/laroute/www/cms/wp-includes/meta.php on line 1190