ことの始まり

ワーホリサイクリスト中内はここイギリスで運送系の仕事をしている。仕事柄ロンドンだけではなく、月に1〜2回は泊まりの出張でイギリスのあちらこちらを荷物の配達で駆け巡っていることもしばしば。
そんな中内の密かな楽しみといえば、トラックに愛車のアルゴン18を載せて出張先で仕事を終えた後にサイクリングに繰り出すことにあった。密かな楽しみとはいえ、しっかり上司にも毎回許可を取っているのでそこは誤解なきよう。

16時にはもう日没となる11月のある日、今月もまた出張の告知がでた。

今度の行き先は「コーンウォール」。

コーンウォールか。「イギリスで夏休みを過ごすならここ」と言われているくらいに人気のイングランド南西部に位置するリゾート地だ。ただ中内はすでにコーンウォールに出張で訪れており、1泊2日でサイクリングトリップをしていたのだった。
それだけに今回またコーンウォールと聞いて正直残念に思った。仕事だから仕方ないのだが。

「もう行ったことのあるところだし自転車持って行くのやめようかな〜」と同僚のS君に愚痴をこぼす。

「ならコーンウォールからロンドンまでの帰り道にあるブリストルから走って帰ればええんちゃいます?」とコテコテの関西弁で返す京都出身のS君。

ブリストルはロンドンから200km西に離れている都市だ。ロンドンからの日帰り観光でも人気のあるスポットであるが、中内はまだ訪れたことがない。

「確かにそれは良いアイデアかもです」と一旦地図を確認してみると、「あ、ウェールズの首都のカーディフも近いんですね。ウェールズも行ったことないし、距離も…270キロか。なら休みとって1日かけて帰れそうかもです。はい決まり!」と僕。

呆れた表情を見せながら空笑いをするS君を尻目に上司に早速休みの交渉しに行く。

上司も察した表情でニヤリとしながら、「気をつけてね」と一言。

こうしてウェールズからロンドンまでをサイクリングすることが決まった。あとはもう1泊分のホテルを予約して、さらっと観光地の下調べをして長距離サイクリングの準備をするだけだ。

仕事の特性を趣味にもいかす、これぞ究極のワーキングホリデー。可愛らしい街並みがたくさんあるコーンウォール。訪れたのは8月のベストシーズンで観光客でとても賑わっていた。すぐそばのビーチをサイクリングジャージで泳いだのは良い思い出だ。

recommend post


touring

new

ワーホリサイクリスト中内のロンドン自転車日記|脱水症状になる前に

中内 陸、25歳。専門学校卒業後に日本の大手旅行会社に就職し順風満帆の社会人生活がはじまった。しかしコロナ禍で会社が大打撃をうけたことをきっかけに、ワーキングホリデー制度を活用し、2022年3月から愛車とともにイギリス・ロンドンでの生活をスタートさせることに。「ワーホリサイクリスト中内のロンドン自転車日記」では、そんな中内 陸が見て、感じた、イギリスの自転車事情を彼自身のリアルな目線で綴っていく。第1回目はイギリスに暮らし始めて初となるロングライドレポートをお届けする。ロンドナーの定番コース「ロンドン→ブライトン」を走った理由は、「水分補給」にあった。

2022.12.02

touring

new

奥鬼怒グラベルツアー参加レポート|山の奥の、そのまたむこう

「東京の奥座敷」と呼ばれる栃木県日光市の鬼怒川温泉。そこからさらに山深く入った場所にある奥鬼怒温泉は、鬼怒川の源流域にあたる。そこへ行くルートは未舗装路の奥鬼怒スーパー林道しかなく、しかも普段は自転車を含めた車両の通行が禁止されている。そんな「関東最後の秘湯」へグラベルロードで行くモニターツアーが開催され、安井行生が参加。山奥のグラベルは未経験だという安井は、“本当のグラベル遊び”を経験し、何を想ったか。

2022.12.07

interview

new

日本のオフロードを考える(Vol.4)|NCMTの魅力と課題と可能性

日本のオフロードシーンにメスを入れるべく始まった連載企画「日本のオフロードを考える」。Vol.3では日本の国立公園初となるパブリックトレイル、「のりくらコミュニティマウンテンバイクトレイルズ」(NCMT)の誕生秘話をお伝えしたが、Vol.4では安井行生によるNCMTの実走レポートと、NCMTの誕生に尽力したキーマン、山口 謙氏のインタビューをお届けする。NCMTの本格運用から早数か月。乗鞍高原の自然を活かしたコースを走って、キーマンに話を聞いたからこそ見えてきた、NCMTと日本のMTBシーンの課題とは。

2022.11.21

touring

new

乗鞍を再発見する私的自転車小旅行|冷泉小屋での白昼夢

岐阜県と長野県の県境にある乗鞍。登山、スキー、温泉などの山岳観光地として知られるが、自転車乗りにとっては「ヒルクライムの聖地」である。1986年からはヒルクライム大会が開催され、多くのクライマーが頂上に向けてペダルを踏む。そんな乗鞍の中腹にぽつんと建っている古ぼけた山小屋、冷泉小屋。16年間閉鎖されていたが、今年リニューアルし営業を再開した。かつてはタイムを縮めるために毎年通っていた安井行生が、数年ぶりに乗鞍を訪れ、冷泉小屋に宿泊。かつての安井にとっては“力試しの場”でしかなかった乗鞍は、今、彼に何を語るのか。

2022.10.03

touring

new

男ふたり、西伊豆へ(安井行生編)

年齢も、生まれた場所も、自転車との付き合いかたも、文章のテイストも異なる、安井行生と小俣雄風太。ほぼ赤の他人と言ってもいい彼らの共通言語は「自転車が好き」、ただそれだけだ。彼らが向かった先は、西伊豆。小俣と安井がそれぞれの視点で、それぞれが感じたことをお届けする、極私的なふたりぼっちのツーリング記。

2021.05.10

touring

new

男ふたり、西伊豆へ(小俣雄風太編)

年齢も、生まれた場所も、自転車との付き合いかたも文章のテイストも異なる、安井行生と小俣雄風太。ほぼ赤の他人と言ってもいい彼らの共通言語は「自転車が好き」、ただそれだけだ。彼らが向かった先は、西伊豆。小俣と安井がそれぞれの視点で、それぞれが感じたことをお届けする、極私的なふたりぼっちのツーリング記。

2021.05.10

interview

new

「東京⇔大阪キャノンボール研究」管理人 baruさんに聞く|24時間で駆け抜ける、東京〜大阪520km

東京から大阪、その距離およそ520km。通常なら3〜4日かけてのぞむようなロングライドだ。しかし自らに24時間というタイムリミットを課し、出発日時をネット上で宣言した瞬間、520kmの移動は“ツーリング”から“キャノンボール”へと意味を変質させる。多くのサイクリストにとって未知の領域であるこのキャノンボールについて、ウェブサイト「東京⇔大阪キャノンボール研究」の管理人にして、過去に2度のキャノンボール成功を達成している「baru(ばる)」さんにインタビュー。サイクリストを惹きつけるキャノンボールの魅力から、明快な論理で導き出される攻略法に至るまで、じっくり教えてもらった。

2022.01.31

touring

new

“激坂さん”の日本縦断ブルべ参戦記(Vol.1)|ランドヌールは北を目指す

日本最南端の佐多岬から、最北端の宗谷岬まで。総距離2,700km、獲得標高約23,000mを一気に走り切る日本縦断ブルべ。それに人生をかけて挑戦した一人の男がいた。とあるイベントでパールイズミの激坂ジャージを着ていたがために“激坂さん”と呼ばれることになった、一人息子と妻と自転車と山を愛するその男は、なぜこのウルトラブルべを走ろうと思ったのか。国内最速でも、ギネス挑戦でもない、普通の自転車乗りによる日本縦断ブルべ参戦記。Vol.1は、参戦を決めた理由と、本番までの苦悩と苦労を綴る。直前になって頻発するトラブル。激坂さん、身を挺してまでネタを作らなくてもよかったんですが……。

2022.08.01

touring

new

“激坂さん”の日本縦断ブルべ参戦記(Vol.2)|暴風雨とハイビスカスと友人の激励

日本最南端の佐多岬から、最北端の宗谷岬まで。総距離2,700km、獲得標高約23,000mを一気に走り切る日本縦断ブルべ。それに人生をかけて挑戦した一人の男がいた。とあるイベントでパールイズミの激坂ジャージを着ていたがために“激坂さん”と呼ばれることになった、一人息子と妻と自転車と山を愛するその男は、なぜこのウルトラブルべを走ろうと思ったのか。国内最速でも、ギネス挑戦でもない、普通の自転車乗りによる日本縦断ブルべ参戦記。数々のトラブルに見舞われながら、なんとか準備を終えた激坂さん。vol.2では、出走前日から兵庫までの記録を綴る。トラブルの神様はまだ激坂さんに憑いているようで……。

2022.08.02

touring

new

“激坂さん”の日本縦断ブルべ参戦記(Vol.3)|中間地点で涙が止まらなくなる

日本最南端の佐多岬から、最北端の宗谷岬まで。総距離2,700km、獲得標高約23,000mを一気に走り切る日本縦断ブルべ。それに人生をかけて挑戦した一人の男がいた。とあるイベントでパールイズミの激坂ジャージを着ていたがために“激坂さん”と呼ばれることになった、一人息子と妻と自転車と山を愛するその男は、なぜこのウルトラブルべを走ろうと思ったのか。国内最速でも、ギネス挑戦でもない、普通の自転車乗りによる日本縦断ブルべ参戦記。疲労と孤独と葛藤を引き連れて姫路までやってきた激坂さん。vol.3ではついに中間地点の1,350kmに到達。しかし起きていられないほどの眠気と、不安と、激痛と、郷愁に襲われ……。

2022.08.03

touring

new

“激坂さん”の日本縦断ブルべ参戦記(最終回)|2,700kmの先にあったもの

日本最南端の佐多岬から、最北端の宗谷岬まで。総距離2,700km、獲得標高約23,000mを一気に走り切る日本縦断ブルべ。それに人生をかけて挑戦した一人の男がいた。とあるイベントでパールイズミの激坂ジャージを着ていたがために“激坂さん”と呼ばれることになった、一人息子と妻と自転車と山を愛するその男は、なぜこのウルトラブルべを走ろうと思ったのか。国内最速でも、ギネス挑戦でもない、普通の自転車乗りによる日本縦断ブルべ参戦記。体と心を疲弊させながら本州を離れた激坂さん。北海道に上陸してからも様々な出来事が……。日本縦断ブルべ参戦記、遂に最終回。

2022.08.04